「24歳で年収700万」エリート街道を捨てさせたゲーマー弟の一言

ここでは、私がどんな社会人生活を送ってきたのかを綴っていきたいと思います。

まず最初に簡単な経緯から。

 

大手外資の計測器メーカーに就職

父親が大手石油会社に勤めていた影響もあり、

小さい時から理系方面に進むように言われてきました。

 

母親も「理系の方が就職が安定するから、そっちにして」と言われ、、、

算数と理科も学校で得意だった事もあり、あまり考えずに機械工学を大学で専攻。

 

大学に進学して、機械工学部を卒業し、大手外資の計測器メーカーの日本支店で就職します。

就職はアメリカでも、日本でも、ヨーロッパでも、場所はとりあえずどこでも良かったです(笑)

技術的なところが面白そうな点と、

給料、福利厚生を見ても前の会社が一番良さそうに思い、入りました。

 

この頃は、将来の明確な目標もなく、独立にも全く興味はありませんでしたが、

ただ、父親が海外在住で、海外を転々としていた姿を見て、

明確な目標はある訳では無いけど、

自分も海外を転々としながら、楽しくキャリアを過ごせればと漠然と思ってました。

 

そんな僕のターニングポイントになったのが、一緒に住んでいた弟の存在です。

 

「弟」から言われた確信をついた一言

彼はプロゲーマーです。

Eポーツ選手として、

プロの野球選手見たいに好きを仕事にして、

 

自分の好きな時間に働いて、好きな時に休んで、自由に遊んでいる弟を毎日見てました。

「お兄ちゃん、鹿児島までヒッチハイクしてくるねーー!」と言って、

急に2週間ほど旅行に出かける時までありました!

 

(弟の活動内容はこちらを参照ください)

鹿児島までのヒッチハイク動画シリーズ

 

すると徐々に自分は、自分の働き方と弟の働き方を比較し始めました。

もちろん会社での仕事はやりがいもあったし、楽しかったです。

 

ただ週末などに、会社の愚痴などをポロってとこぼしてしまう事が度々ありました。

 

「明日は会社に行きたくない、もっと休みたいな」などなど

そんな事を言っていたら、弟からキツイ一言が飛びました。

 

会社に行きたくないなら、なんで行くの?

 

最初は、「いや、嫌いなわけじゃないよ!会社はやりがいもあるし、好きだよ!」

と言い返しました。

 

そしたら今度は

仕事が好きだったら、なんで行きたくないって言うの?

と少年みたいな純粋な目をした弟から言われました。

 

そんな時、自分の頭の中でも

今の仕事って本当に自分の好きな事なのかな?

という漠然な不安が襲ってきました。

 

エンジニアと技術という仕事は好きは好きだけど、

本当に弟がゲームにかけているほど、好きなのかなって。。。

 

自分と上司が入れ替わったら、幸せだろうか?

また、大学の教授からも昔言われた言葉がありました。

会社で自分の上司を見てみて、それが君の将来像だから

会社に入ってちょうど一年が過ぎる時期で、

仕事にも慣れ始め、視野が広がりつつある時期でした。

 

当時の会社の上司はもちろん尊敬してましたし、

一人の社会人としても素晴らしい方でした。

 

ただ、自分と上司が入れ替わったら、幸せか?と考えると。

残念ながら自分は首を縦には振れませんでした。

 

父親みたいな働き方を実現している訳でもなく、

自分が漠然と考えていた大人像とは違いました。

 

でも、会社に残っても自分の理想がある訳では無い、どうしよう。

 

今、思い返すと、この事に当時は気づけて良かったです。

 

心のどこかで感じていた物足りなさ

心のどこかで何か物足りなさを確かに感じていました。

今の仕事には本当にやりがいは持ってるし、誇りは誰よりも持っている

  • ただもっと活躍できる場所があるのではないか
  • もっとやりがいがある場所があるのではないか
  • もっと学べる場所があるのではないのか

 

考えた末に、何か変えなければと思い、

  • 自分自身がどうしたら幸せなのか
  • 将来の自分のために、今できることは何なのか

を真剣に考えました。

そこで、きっかけもあり、新しく見えてきたものがあり
起業にチャレンジすることを決意しました。

 

やらないで後悔するよりやって後悔した方がいい

会社を辞めるのはもちろん怖かったです。

人生で一番怖い決断でした。

 

でも、やらないで後悔するより、

やって後悔した方がずっと気持ち良いと思ったのです。

 

独立が正解という訳ではありません。

会社員、フリーター、フリーランス、起業。

働き方は様々あります。

 

本当に大事なのは、

「自分のやりたいこと、好きなことを知っていること」

なんだと僕は思います。

 

そして自分のやりたいこと、好きなことに対してチャレンジできること。

それこそ、自分の人生・仕事・生活を輝かせるエッセンスなんだと。

 

この事に気付けたのは本当に幸せでした。

なので最近は人のチャレンジを応援する事をボランティアでやり始めようと思い、

自分の体験談を伝える活動も行っています。

 

今後も引き続き、そういった影響を与えられる人になれればと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です