自己紹介その1:1歳でベトナムロングステイデビュー

学生時代のほとんどを過ごした海外。

生まれは横浜で、そこから一歳の誕生日まで地元の横浜で過ごします。

 

父親が大手石油会社に勤めていた事もあり、生後一年にしていきなりベトナム転勤という出来事発生です。。。

 

ただ当時は赤ん坊だったので、ただただ両親にベトナムまで一緒に行くだけ。

ちなみにベトナムに住んでいた場所はこちら!

 

父親の仕事繋がりで、海も近いブンタウ

よくホーチンミンですか?ハノイですか?とも聞かれるのですが、残念ながらそちらではありません。。。

 

海も家の近くにあり、気候も暖かく、過ごしやすい町でした!

当時の警察に捕まっても、賄賂を渡せば大丈夫だったとの事。。。

 

当時はどんな生活だったのか?

当時通っていた幼稚園は、現地のインターナショナルスクール。

現地では海外からの駐在員も多く、駐在員のお子さんが多く通っていたとの事です。

 

思い返してみれば、この時から英語には触れていたのですが、その後日本に帰国してからはこの記憶は見事に無くなります。

家では日本語を両親と話し、家に駐在していた現地メイドからはベトナム語を話され、

インターナショナルスクールでは英語に触れるという、3ヶ国語がグルグルと頭を回る日々でした。

 

(当時、ベトナムの現地の雇用活性のため、海外駐在員には現地人のメイドが割り当てられていましたので、赤ん坊だった自分は必然的に、メイドの方と多くの時間を過ごす事に)下の写真。

 

当時は誰と遊んでいたの?友人はいたの?など疑問に思われる方も多いですが、

他の日本企業の駐在員のお子さんや、現地のインターナショナルスクールの友人などがほとんどでした。

 

というベトナム生活でしたが、父親が駐在員のしての期間を全うし、日本に帰国の道へ。

3年というベトナム時代でしたが、1歳から4歳までの幼少期を過ごさせてもらいました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です