父から教わった家庭円満のエッセンス

この考え、父親が自分に教えてくれた話になります。

今でも父が教えてくれた考えは、大切にしてますし、守りきろうと思ってます。

 

では、なぜ、そんなに忠実に父親の考えに賛同したのか?

それも含めて説明しますね!

 

一番尊敬している人って誰?

アメリカに住んでいた当時、よく学校や友人から聞かれた質問がありました。

一番尊敬している人って誰?

 

歴史の教科書の偉人とか、芸能人で

「かっこいいなー」とか「すごいなー」と思う人はいましたが、

 

自分が純粋に本当にその人たちを尊敬しているか、

と考えると、ちょっと違うなと思ってました。

 

でも今その質問を聞かれたら、自分はこう答えます。

「尊敬しているのは、自分の父親」

 

子供一人って、大体どれぐらいかかると思う?

自分は3人兄弟で、父親に自分も将来子供は3人欲しいと言った事があります。

3人兄弟は楽しかったし、1人っ子が寂しいという話も聞いていたので、

漠然とそういった考えを持ってました。

 

当時18歳だった自分に、父親は厳しい一言を投げました。

 

「子供一人って、大体どれぐらいかかると思う?」

 

漠然として、答えが出て来ませんでした💦

 

「子供一人、大体2000万円考えておけよ。そうすれば安全だよ」

とその時は優しく答えを教えてくれた父親でした。

 

実際に考えてみると、私立の教育、私立の大学を考えると、

確かにそれぐらいかかるなと、考えれば納得でした。

自分は3人兄弟だったので、そうすると合計で6000万円。

社会人で、普通に貯金6000万円を作るのも一苦労です💦

(子供が医学部とか、大学院まで行ったら、さらにかかる。。。)

 

働いて身に染みた子育ての大変さ

実際に会社で働いてみると、その大変さが身に染みました。

毎年の給料が500万円でも、実際に生活費だけでも大きな額がいるのを、痛感するばかりでした。

 

毎月の貯金を作るのも大変なのに、父親はこれだけの貯蓄を、

自分の為ではなく、子供の為に貯めたのかと。。。

 

よくよく聞くと、父親が海外駐在に踏み切ったのも、

海外駐在の方が、海外手当が付いて、より貯金が増えるから。

 

自分が不自由なく教育を受けられたのも、

若い頃から父親が計画的に動いてくれたから。

 

とりあえず結婚して、子供が欲しいって言うのは良いけど、

それは本当に本当に重い責任だし、お金の計画が絶対必要なもの。

 

お金も、ちゃんと向き合わないといけない話だと。

自分のためだけじゃなくて、身の回りの人達の為にもお金は必要。

 

父親に見習って、お金と将来を考えようと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です